ぎっくり腰になったらどうしたらいいの?

ぎっくり腰の原因と症状

腰痛は脊椎(背骨)の異常のほかに、内臓の病気やストレスなどが原因で起こることがあります。 このうち最も多い症状が、「ぎっくり腰」

ぎっくり腰は突然激しい痛みが起こる腰痛の総称で、正式名称を「急性腰痛症」といいます。レントゲンやMRIなどの検査をしても原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)に分類され、椎間板の異常、背骨の周りの筋肉やすじの損傷、ストレスなどが原因と考えられています。

ほとんどの場合は発症から2・3日で激しい痛みが治まり、1週間程度で自然に治りますが、痛みが長引いたり、足に痛みやしびれが出たりする場合には、内臓の病気などが隠れていることがありますので注意が必要です。

腰痛が起きたときは、自己判断せず医療機関を受診しましょう。

ぎっくり腰の原因と症状

腰痛は脊椎(背骨)の異常のほかに、内臓の病気やストレスなどが原因で起こることがあります。 このうち最も多い症状が、「ぎっくり腰」

ぎっくり腰は突然激しい痛みが起こる腰痛の総称で、正式名称を「急性腰痛症」といいます。レントゲンやMRIなどの検査をしても原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)に分類され、椎間板の異常、背骨の周りの筋肉やすじの損傷、ストレスなどが原因と考えられています。

ほとんどの場合は発症から2・3日で激しい痛みが治まり、1週間程度で自然に治りますが、痛みが長引いたり、足に痛みやしびれが出たりする場合には、内臓の病気などが隠れていることがありますので注意が必要です。

腰痛が起きたときは、自己判断せず医療機関を受診しましょう。