正しい姿勢が腰痛防止のカギ

正しい姿勢とは 反り腰や猫背は腰痛の原因?

正しい姿勢とは、体を横から見たときに骨盤がまっすぐに立ち、脊椎(背骨)が緩やかにS字カーブを描いている状態のことをいいます。

姿勢と骨盤は密接に関係していて、骨盤が前に傾いていれば腰は上半身を支えようと腰は反った状態(反り腰)になり、後ろに傾いていれば猫背となります。
いずれも腰に負担がかかり腰痛の原因となります。

骨盤を立てる 椅子の座り方

骨盤がまっすぐに立っていれば、背骨も自然と正しい位置に整います。

椅子に座るときは足を組んだり、背もたれに寄り掛かったりせずに、浅く座って骨盤がまっすぐ立つようにします。
柔らかすぎる椅子は体がくの字に曲がってしまい、腰に力が入らないのでおすすめできません。キャスター付きの椅子は、座ったまま移動したり、自由に体の向きを変えたりすることができるので、気が付くと長い時間同じ姿勢を取り続けていることがあります。

デスクワークをする際は、キャスターの付いていない椅子を使って、同じ姿勢に苦しくなってきたら、立ち上がって伸びをするなど、体をリセットすることも習慣にしましょう。不自然な姿勢のままでいると、骨盤の歪みが生じることもあります。

ストレッチも取り入れましょう

いくら良い姿勢を意識していても、背骨や骨盤を支える筋肉が弱かったり、緊張していたりすると、自然と姿勢は崩れてしまいます。
固まった筋肉をほぐすためにも、ストレッチを取り入れましょう。
背中が丸まっていることに気が付いたら、時々、両腕を耳の後ろ側につけるようにして上に伸ばし、体をぐっと引き上げましょう。

ストレッチも取り入れましょう

つい楽な姿勢になってしまう、骨盤を意識しづらいという人は、骨盤矯正ベルトを使って正しい姿勢になるよう補助するのもおすすめです。
骨盤矯正ベルトで腹圧を高めると、背骨にかかる負担が軽くなりますので、正しい姿勢を取りやすくなります。

〜颯爽とした身のこなしは、バランスのとれた骨盤から〜
「皮膚感覚腰サポーター naoss」は簡単に装着できて、ピンポイントで骨盤を固定します。