丸光のすべての商品を生み出しているのが「企画開発部」。企画開発部の皆さんに、「皮膚感覚サポーター」に代表される、丸光の商品開発の秘密を伺います。
わたくし「マルミツル」がお届けする、全5回シリーズの第1回です。

development_member

「皮膚感覚サポーター」商品開発のきっかけは何ですか?

弊社は長年サポーター製造の実績はあったんですが、十数年前まではOEMがほとんどでした。今はサポーターというと、スポーツやウォーキングをする方が気軽に使用するもので、色や柄も様々な種類がありますが、その頃のサポーターの色は医療用の白がほとんど。固定することが目的の、素材も分厚いものでした。

でも、高齢化社会が進みアクティブシニアが増加して、サポーターに求められるニーズもだんだん変わって来ていたんですね。2009年頃に、大手スポーツ用品チェーンのトップバイヤーさんに弊社のひざサポーターをセールスした弊社営業担当が、「もっと薄くて機能性のあるひざサポーター持ってきてよ」と言われてしまって。でも当時、薄くて、サポート力があるひざサポーターはまだありませんでした。

じゃあ自社で作れないか?
でも今ある生地ではそういうものは作れない。
じゃあ生地から作るしかない!って。今思えばそれがターニングポイントだったと思います。

サポーターを作るために、生地から開発されたそうですね。

私たちが「薄くてサポート力のあるサポーターを作りたい」と思っても、当時は思うような生地は市場にありませんでした。

薄いのに一枚でサポーターにちょうど良いパワーがある、そんな生地ができないか・・・・。
自分たちだけでは生地の開発は無理なので、思い切って旭化成系の業者さんに相談したんです。
正直大手とは言えない弊社だけのためにそんな開発をしていただくのは難しいかなと思ったんですが、「こういうことがやりたい!こういうものが欲しい!」と、とにかく必死で思いを伝えました。

ラッキーなことに、実は同じ頃に大手下着メーカーさんも薄くてパワーのある素材を求めていらして。相手は「インナーウェア」、うちは「サポーター」でバッティングしないということで、薄くてパワーのある素材を開発してもらえることになったんです。

FINEX®の開発で一番苦労されたことは何ですか?

やはり、サポーターとして十分なパワーと、肌触りを両立した、まさに「皮膚感覚」のフィット感を作り上げることでしょうか。

実はFINEX(ファイネックス)®というのは糸の名前で、いろいろな太さや厚さの糸があるんです。サポーターとして使える「薄くて」、「ちょうどよいパワー感」を出すには本当に時間がかかりました。

生地サンプルが上がって、試着して、「もうちょっとパワー出してください」とか、何度も何度も修正してもらって、開発し始めて2年で、ようやく「これだ!」というパワー感のFINEX®が出来上がったんです。

今では弊社のメイン素材として定着してきて、「皮膚感覚 腰 naossサポーター」などにも使用されています。FINEX®という素材をここまで作り上げてきたことが、私たち企画開発部にとってかなり大きな自信になっています。

naoss_waist_fimg

「皮膚感覚®腰サポーター naoss」の商品詳細はこちら

企画開発部の皆さん、ありがとうございました。
なお、シリーズ全5回の構成は次のとおりです。

  • 第1回:すべてはここから始まった 薄さとパワーの機能性素材「FINEX®」に出会うまで
  • 第2回:今だから話せる 「皮膚感覚ひざサポーターaruko(アルコー)」ができるまで
  • 第3回:私たちの自信作 「バックサポートベルトugoko」のスゴさを伝えたい!
  • 第4回:私たちが作ってます 丸光産業ってこんなところ
  • 第5回:「皮膚感覚」にこだわる 商品開発の舞台裏