drink1_fimg

夏バテ対策していますか? 夏におすすめ お手軽ドリンク

高温多湿の日本の夏は、室内外の温度差や大量の汗、強い紫外線などで、からだの不調が起こりやすくなります。
食事もそうめんや冷やし中華などのさっぱりした麺類に偏りがちですが、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足してしまうと、炭水化物をエネルギーに変換したり疲労を回復したりすることができずに、夏バテを起こしてしまいます。
「分かっているけれど、食欲もないし作るのも面倒」
ここでは、そんな時に簡単に作れて栄養補給もできるドリンクをご紹介します。

<朝におすすめ!>

アサイーラッシー

食欲がないときの朝食代わりになるラッシータイプのドリンク。
ヨーグルトと牛乳でたんぱく質、アサイーでアミノ酸がしっかり摂取できます。
アマゾンの強い紫外線を浴びて生育したアサイーには、抗酸化作用の高いアントシアニンが含まれています。

187kcal(1人分)

材料(2人分)
アサイー(加糖) 1パック(100g)
プレーンヨーグルト 200g
牛乳 200ml

作り方

  • プレーンヨーグルト、牛乳を混ぜてなめらかにする。
  • グラスにアサイーを入れ、①を注ぐ。
    飲むときによくかき混ぜる。
drink1

トマトとぶどうのジュース

トマトジュースにぶどうジュースを加えて口当たりを軽くしたミックスジュース。
トマト、ぶどうには抗酸化作用の高い成分のリコピン、アントシアニンが多く含まれています。

64kcal(1人分)

材料(2人分)
トマトジュース(無塩) 200ml
100%ぶどうジュース(赤) 200ml

作り方
グラスにトマトジュースとぶどうジュースを注いで混ぜ合わせる。

drink2

<夜におすすめ!>

ダブルりんごソーダ

暑い外から帰ったら、まずは水分補給をしましょう。
果汁の糖分とクエン酸が疲労を回復させ、軽い炭酸の刺激が胃腸の働きを良くしてくれます。

49kcal(1人分)

材料(2人分)
100%りんごジュース 200ml
りんご酢 大さじ3
炭酸水 適量
氷 適量
ミント 少々

作り方
グラスにりんごジュースとりんご酢を入れて混ぜ合わせ、氷を入れて、炭酸水を注ぎ、ミントを飾る。
※りんご酢がない場合は、レモン汁を加えても。

drink3

レシピ提供・監修:石川 三知

スポーツ栄養アドバイザー。「Office LAC-U」代表、山梨学院大学スポーツ科学部兼任講師、八王子スポーツ整形外科栄養管理部門スタッフ。陸上短距離、競泳、サッカーなど多くのトップアスリートを栄養面からサポートしている。

post_663_fimg2

骨盤の歪みの原因と改善方法

1)骨盤の歪みは腰痛の原因になるの?

日常的な悪い姿勢や、外反母趾、出産など、様々な原因によって骨盤の歪みが生じます。

骨盤は上半身を支える土台の役割りをしているので、骨盤が歪んでいると左右のバランスが崩れ、腰や背骨にも負担がかかり、腰痛の原因にもなります。

2)骨盤の歪み セルフチェック

骨盤の歪みを、ご自身でチェックする方法を紹介します。

自身の骨盤の傾きがわかりづらい場合は、壁にピッタリ背中を付けて立ってみましょう。
壁と腰の間に手のひらが入らなければ、骨盤が前傾し、猫背になっている可能性があります。

反対に手のひら1枚以上スペースが開いている場合は、骨盤が後傾し反り腰になっている可能性があります。
鏡に映して自分の姿勢を確認してみましょう。

肩の高さが左右揃っていない場合は、左右どちらかの骨盤が歪んでいる可能性があります。またスカートの丈が左右違っている場合も、左右どちらかの骨盤が上がってしまっている可能性があります。

post_663_img1_re

3)骨盤の歪みを防止する 5つのポイント

骨盤の歪みの改善には、正しい姿勢を保つことや、骨盤矯正ストレッチが簡便で効果があるといわれています。

①姿勢を良くする

姿勢が良い方が歪みにくいと考えられています。
立ち方は真横から見たときに、骨盤がまっすぐ立ち、脊椎(背骨)が緩やかにS字カーブを描いている状態が理想的です。

→正しい姿勢とは 反り腰や猫背は腰痛の原因?

②椅子の座り方に注意する

椅子の座り方は、お尻から頭までがまっすぐになるように座ります。
深く座ると腹筋と背筋が緩むので、なるべく背もたれに寄り掛からないで浅く座り、骨盤がまっすぐ立つようにしましょう。
骨盤を立てると、自然と前に傾いていた肩も正しい位置に入ります。

③寝る姿勢は仰向けに

骨盤の歪み改善には、寝かたにも注意が必要です。
仰向けに寝るのがベストです。どうしても横向きでしか眠れない人は左右同じように寝返りをうつようにしましょう。

④骨盤ストレッチ

骨盤の歪みは骨盤を支える筋肉が弱くなったり、固くなったりすることが原因で起こるため、ストレッチなどで、筋肉を定期的にしっかり伸ばしましょう。

⑤骨盤ベルトを使う

骨盤ベルトは正しい姿勢を保つためのサポートとして、腰を支えてくれる役割りがあります。

骨盤を意識しづらい人、つい楽な姿勢になってしまう人は骨盤ベルトを使って正しい姿勢になるように補助するのもよいでしょう。
骨盤ベルトで腹圧を高めると、背骨にかかる負担が軽くなりますので、正しい姿勢を取りやすくなります。装着している間は、骨盤を立てる役割をするため、理想的な姿勢に導いてくれます。

「皮膚感覚腰サポーター naoss」は独自のダブルベルト構造で骨盤周りを支え、腰全体の安定性を高めます。

皮膚感覚®ひざサポーターDX/膝をしっかりサポート“つけていない、着け心地”
hatakeyama

監修:畠山 武史

よこあみ整骨院 院長 / 柔道整復師
東京柔道整復専門学校卒業。小岩中央整骨院、グッドはりきゅう整骨院に勤務したのち、2012年4月、東京都墨田区によこあみ整骨院を開院。 スポーツ治療専門の整骨院として、力士やプロスポーツ選手の治療・指導も行っている。 社団JB日本接骨師会会員。
post_580_fimg

膝の痛みの原因と予防方法

1)膝の痛みの原因と症状

膝の痛みは加齢による骨の新陳代謝の低下や、冷え、肥満、運動や仕事による負担、筋力の低下などで、軟骨へのストレスがたまることによって発症します。

膝の内側の軟骨がすり減り、骨同士が接触することによって炎症を起こす「変形性膝関節症」は、中高年の多くの方が抱えている症状です。特に女性は男性より筋肉が少なく、ある年齢を境に女性ホルモンの分泌量が減少し、骨が弱くなるため、注意が必要です。

症状には立ち上がる時に痛む、歩くと痛い、走り出した時にガクッとなる、などがあります。症状が進むと腫れたり、水がたまることもあり、痛みで長時間歩くことが困難になります。

膝がつらいまま生活をしていると、身体のバランスが悪くなり腰痛や肩こりなどにも影響が出てくることがあります。

2)膝の痛みを繰り返さないための予防方法

正しい姿勢で歩く

膝の痛みを予防するためには、まず正しい姿勢で歩くことが大切です。それによって大腿筋と内転筋が鍛えられます。
歩く時は背筋を伸ばし、腕を自然に振ります。膝はなるべく伸ばして、前足はかかとからつき、後ろ足はしっかり蹴り出すようにします。

正しい姿勢とは 反り腰や猫背は腰痛の原因?

筋力をつける

膝をかばって動かさないでいると、膝の周りの筋力が衰えて、関節に負担がかかるという悪循環を引き起こします。膝関節に問題を抱えている場合は、太ももや、ふくらはぎの筋肉のトレーニングをしましょう。

外出先で簡単にできるトレーニングとして、エレベーターやエスカレーターを使わず階段歩行をすることをおすすめします(ただし、すでに膝に痛みがある方は無理しないでください)。

また、バスや電車の待ち時間や、信号待ちの間に片足立ちをすると、お尻の筋力がアップして、体全体のバランスがよくなります。
ウォーキング、サイクリング、水泳なども効果があります。特にウォーキングは気軽に始められるので、最初は15 分ぐらいから初め徐々に時間を伸ばしていきましょう。
筋力トレーニングは無理をしない程度に行い、長く続けることが大切です

post_580_img1

3)膝サポーターを着用して軽い運動から始めましょう

日常生活が不安な方や、膝のぐらつきが気になる方は、膝サポーターを上手に活用しながら軽い運動から始めるとよいでしょう。
サポーターを着用するとウォーキング、ランニング時に足が前に出る感覚があり、安心感もあります。

「皮膚感覚膝サポーターDX」はそんなお悩みを抱えている方へ是非おすすめしたいサポーターです。

皮膚感覚®ひざサポーターDX/膝をしっかりサポート“つけていない、着け心地”
hatakeyama

監修:畠山 武史

よこあみ整骨院 院長 / 柔道整復師
東京柔道整復専門学校卒業。小岩中央整骨院、グッドはりきゅう整骨院に勤務したのち、2012年4月、東京都墨田区によこあみ整骨院を開院。 スポーツ治療専門の整骨院として、力士やプロスポーツ選手の治療・指導も行っている。 社団JB日本接骨師会会員。
post_578_fimg

正しい姿勢が腰痛防止のカギ

1)正しい姿勢とは 反り腰や猫背は腰痛の原因?

正しい姿勢とは、体を横から見たときに骨盤がまっすぐに立ち、脊椎(背骨)が緩やかにS字カーブを描いている状態のことをいいます。

姿勢と骨盤は密接に関係していて、骨盤が前に傾いていれば腰は上半身を支えようと腰は反った状態(反り腰)になり、後ろに傾いていれば猫背となります。
いずれも腰に負担がかかり腰痛の原因となります。

post_578_img2

2)骨盤を立てる 椅子の座り方

骨盤がまっすぐに立っていれば、背骨も自然と正しい位置に整います。

椅子に座るときは足を組んだり、背もたれに寄り掛かったりせずに、浅く座って骨盤がまっすぐ立つようにします。
柔らかすぎる椅子は体がくの字に曲がってしまい、腰に力が入らないのでおすすめできません。キャスター付きの椅子は、座ったまま移動したり、自由に体の向きを変えたりすることができるので、気が付くと長い時間同じ姿勢を取り続けていることがあります。

デスクワークをする際は、キャスターの付いていない椅子を使って、同じ姿勢に苦しくなってきたら、立ち上がって伸びをするなど、体をリセットすることも習慣にしましょう。不自然な姿勢のままでいると、骨盤の歪みが生じることもあります。

3)ストレッチも取り入れましょう

いくら良い姿勢を意識していても、背骨や骨盤を支える筋肉が弱かったり、緊張していたりすると、自然と姿勢は崩れてしまいます。
固まった筋肉をほぐすためにも、ストレッチを取り入れましょう。
背中が丸まっていることに気が付いたら、時々、両腕を耳の後ろ側につけるようにして上に伸ばし、体をぐっと引き上げましょう。

post_578_img1

4)骨盤矯正ベルトで正しい姿勢に

つい楽な姿勢になってしまう、骨盤を意識しづらいという人は、骨盤矯正ベルトを使って正しい姿勢になるよう補助するのもおすすめです。
骨盤矯正ベルトで腹圧を高めると、背骨にかかる負担が軽くなりますので、正しい姿勢を取りやすくなります。

〜颯爽とした身のこなしは、バランスのとれた骨盤から〜
「皮膚感覚腰サポーター naoss」は簡単に装着できて、ピンポイントで骨盤を固定します。

皮膚感覚®腰サポーターnaoss/スリムなのに腰をしっかりサポート
hatakeyama

監修:畠山 武史

よこあみ整骨院 院長 / 柔道整復師
東京柔道整復専門学校卒業。小岩中央整骨院、グッドはりきゅう整骨院に勤務したのち、2012年4月、東京都墨田区によこあみ整骨院を開院。 スポーツ治療専門の整骨院として、力士やプロスポーツ選手の治療・指導も行っている。 社団JB日本接骨師会会員。
post_553_fimg

ぎっくり腰になったらどうしたらいいの?

1)ぎっくり腰の原因と症状

腰痛は脊椎(背骨)の異常のほかに、内臓の病気やストレスなどが原因で起こることがあります。 このうち最も多い症状が、「ぎっくり腰」

ぎっくり腰は突然激しい痛みが起こる腰痛の総称で、正式名称を「急性腰痛症」といいます。レントゲンやMRIなどの検査をしても原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)に分類され、椎間板の異常、背骨の周りの筋肉やすじの損傷、ストレスなどが原因と考えられています。

ほとんどの場合は発症から2・3日で激しい痛みが治まり、1週間程度で自然に治りますが、痛みが長引いたり、足に痛みやしびれが出たりする場合には、内臓の病気などが隠れていることがありますので注意が必要です。

腰痛が起きたときは、自己判断せず医療機関を受診しましょう。

post_553_img1

2)ぎっくり腰 痛みが強い場合の対処

ぎっくり腰の症状が出てから3日間前後(急性期)は、強い痛みがありますので、腰をしっかりと固定して安静にしましょう。 この時、腰から骨盤までしっかりと固定できる腰痛ベルト(コルセット)を利用するのもよいでしょう。 また、痛む部分は炎症が強くなっているので、冷やすことが大切です。

寝るときは、横向きなら膝を抱えるような姿勢、仰向けなら膝の下にクッションを入れて膝を立てるようにすると、筋肉が緩んで痛みが和らぐことが多いようです。

うつ伏せは体がまっすぐに伸びてしまい、筋肉が緊張した状態になりますのでおすすめできません。

3)ぎっくり腰から慢性的な腰痛を引き起こすことも

ぎっくり腰を発症してから3日目以降、強い痛みが引いたら、安静にしすぎるよりも無理のない範囲で体を動かしたほうが、回復が早くなるといわれています。

ぎっくり腰を経験した方は、慢性的な腰痛になることも多いので、ストレッチなどで筋肉をほぐし、日ごろの姿勢にも十分気を付けてください。

腰に少しでも不安がある場合は、腰痛サポーターなどをうまく活用して、腰に負担をかけないようにしましょう。

正しい姿勢が腰痛防止のカギ

4)腰の痛みが強い場合は、腰痛ベルトをおすすめします

腰用サポーター「バックレスキューベルトチタン」は、面で腰を支える構造で、まるで腰を手の平で支えられているような安心感。腰の動きを妨げず、動きについてくるしなやかさが特徴の腰痛ベルトです。

【腰用サポーター】バックレスキューベルトチタン(ブラック)/しっかり支えて、守ってもらっている安心感
hatakeyama

監修:畠山 武史

よこあみ整骨院 院長 / 柔道整復師
東京柔道整復専門学校卒業。小岩中央整骨院、グッドはりきゅう整骨院に勤務したのち、2012年4月、東京都墨田区によこあみ整骨院を開院。 スポーツ治療専門の整骨院として、力士やプロスポーツ選手の治療・指導も行っている。 社団JB日本接骨師会会員。